Home > スポーツトレーナー活動

スポーツトレーナー活動

とうばい治療院は、鍼灸・接骨の治療院の他に、スポーツトレーナーとしての活動もしています。

トレーナー 東梅健太郎

トレーナー 東梅健太郎

トレーナー 本郷友規

トレーナー 本郷友規

スポーツトレーナーは、スポーツの現場でケガをした選手がいた場合ケガの程度を判断して応急処置を施したり、テーピングなどでケガの予防をしたり、練習後の身体のケアをしたりするメディカルトレーナーと、身体の状態に合った適切な運動方法の指導や、身体の自己管理の指導などを行うフィジカルトレーナーに分けられ、チームの一員として選手の体調管理の役割を担っています。

とうばい治療院は、トレーナーとして福島ユナイテッドFCなどのチームを支えています。治療院でも、スポーツ中に起きたケガの治療はもちろん、練習後の身体のケアや、急性期を過ぎた後の正しい運動方法の指導などを行っています。

トレーナー 東梅健太郎 マッサージ風景トレーナー 本郷友規 マッサージ風景

マッサージをしながら身体の状態を把握します。また、選手との会話を大切にしています。

福島ユナイテッドFCのトレーナーとして

とうばい治療院のスタッフ、東梅健太郎と本郷友規は、サッカーチームの福島ユナイテッドFCのトレーナーとして、練習や試合に帯同しています。福島ユナイテッドFCでは、主にメディカル面を担当しており、ケガの治療はもちろん、練習中の選手を観察して身体の故障を事前に把握したり、練習後の疲れた身体のケアにも努めています。選手の身体を一番よい状態に保つのが福島ユナイテッドFCのトレーナーとしての一番重要な仕事です。

また、メンタル面のフォローも大切な仕事です。選手の性格を把握しておくことは、治療や指導の際にとても重要です。またそれだけでなく、身体や心を休める場所も大切だと思っていますので、練習後にとうばい治療院に来る選手の話を聞いたりするようにしています。

アイシングメンタルケア

患部にアイシングをするなどの治療をします。選手とのコミュニケーションはメンタル面の把握にとても大切です。

福島県立福島東高校バレー部・ソフト部のトレーナーとして

東高バレー部・ソフト部では、主にフィジカルトレーナーとして運動面の指導をしています。練習後のアイシングをしたり、クールダウンやストレッチの指導もしています。高校生は、成長期なので年齢的に身体を特に大切にしなければならない時期です。練習後のアフターケアはもちろん、自分で身体を管理するための指導も行っています。

このように、とうばい治療院では豊富なスポーツトレーナーの経験を生かし、スポーツをしている方への治療やケアを積極的に行っています。スポーツ中に起きた身体の異常や悩みなど、お気軽にご相談ください。